KURAMAE NIGHT(蔵前ナイト )Vol.2が蔵前The Bridge Bar&Loungeで開催。【2019年1月27日】

蔵前は東東京でも特にカルチャー色の強い人気エリアとして知られている。そんな蔵前エリアを盛り上げるべく、 The Bridge Bar & Loungeで行われており今回で第2回目となるのが、KURAMAE NIGHT(蔵前ナイト)だ。

蔵前といえばイットなカフェやユニークな雑貨屋、外国人観光客に人気のゲストハウスなども多数存在する。蔵前ナイトではそんな蔵前を代表するグルメスポットが集い、ハンバーガーからカレー、チョコレートまでが幅広く振舞われた。

スパイス小僧の檸檬バターチキンカレー/¥500

ゲストハウス・ホステルの多い蔵前でもピカイチの人気度を誇るNui.のスパイス小僧は、渾身の檸檬バターチキンカレーを。まろやかでコクのあるバターチキンを、檸檬の酸が引き締めてえも言われぬバランス感に。

McLeanの味噌チーズミニバーガー/¥500

行列のできるバーガーショップMcLeanは、Leaves Coffee Apartment併設のお店としても知られる。Leave Coffeeといえば、2019年に入り焙煎所が始動したことも話題となった。今回のMcLeanのバーガーは味噌とチーズのなんとも言えないコクを楽しめたが、店舗でLeavesのコーヒーと一緒に楽しむのもかなりおすすめだ。

enのバトンショコラ/¥200

ナイトイベントに出店するのは意外な気もするが、お酒を飲みながらでも楽しめるのが、enのバトンショコラ。2018年3月にオープンしたモノづくりの街ならではのカフェは、ハンドメイドをテーマにコーヒーや食事だけでなく雑貨やガーデンスペースなども楽しめるお店となっている。今回提供されたバトンショコラは、とろりとしたガナッシュとともに複数のナッツのニュアンスを楽しめる大人な味わいだった。

場を盛り上げるDJ

The Bridgeは縦に細長い形をしておりロフトスペースなどもあるユニークな空間となっているが、NYCのアトリエをイメージして作られたそうだ。店内奥に設けられたDJブースでは、蔵前の敏腕DJたちが代わる代わる特別な夜を盛り上げた。

東東京で話題のバスマTを着用するスパイス小僧 (右)。

初参戦となった蔵前ナイトだが、純粋なイベントの楽しみがありつつ、カルチャー色の強い蔵前ならではの魅力も存分に詰まっていると感じた。つまり、この蔵前ナイトを通して蔵前という街の個性を知ることができるし、その個性が自分の個性と呼応したならば、一夜にして蔵前に恋することだって可能だろう。

___________________________________________________

蔵前ナイトVol.2で絶品料理を提供したのは、下記のお店。

・ミニバーガー:Mclean(マクレーン)
・タンタン豆腐:タンタンタイガー
・檸檬バターチキンカレー:スパイス小僧 (from Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE)
・バトンショコラ:en
・栃木産牛ローストビーフ丼:The Bridge

蔵前ナイトVol.2には雑貨・洋服部門として
・ WEEKENDER SHOP(ウィーケンダー・ショップ)も参戦。

蔵前ナイトVol.2でDJを担当したのは、下記の方々。
・Aジロー(The Bridge)
・Kiri(Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE)
・hideoyaji(浅草おと)
・ysk(McLean)

蔵前ナイトVol.3は4〜5月頃を予定しているらしい。ユニークなカルチャーが眩しい蔵前のナイトイベントとして、今後も目が離せないし足を運ぶしかない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする